カテゴリー「温泉ガイドTOP頁の温泉紹介」の投稿

12の温泉は群馬県の草津温泉 草津舘

12月の温泉は群馬県の草津温泉 草津舘 に決めました。

子連れ温泉ガイドTOP頁で紹介する温泉のことです(11月の温泉は栃木県の塩原温泉 静観荘古山 でした)。

・・と投稿している今日は12月も終盤の31日(-_-;)

先月より酷いことに!? 12月も最終日じゃん。しかも大晦日だし。

いえいえ先月同様、実際の更新は12月1日にやってます。そんで明日にはもう次の月に張り替える予定です(既に準備も終了していつでも張替OK)。

とりあえず草津舘の話をしますね。ここは独自源泉なんですね。玄関前に猫がうろうろしていて・・・草津館の飼い猫かわからないんですが、とにかく猫がうろうろしている温泉って言うのはそれだけでなんか鄙び系になるように思います。

草津温泉の和風村手形でおじゃましたんですが、女将さんは最初に廊下の源泉を見せてくださいまして、独自源泉を大事にしているなぁって感じたわけです。

浴室も先に温度を見に行ってくれました。いろいろと親切で印象に残ってます。和風村加盟は一番最近らしいんですが、老舗なだけじゃなくて、気さくというか、高級すぎない感じが次の宿泊候補に入れたいなという感じです。

|

11月の温泉は栃木県の塩原温泉静観荘古山

11月の温泉は栃木県の塩原温泉 静観荘古山 に決めました。

子連れ温泉ガイドTOP頁で紹介する温泉のことです(10月の温泉は福島県の高湯温泉のんびり館 でした)。

・・と投稿している今日は11月も終盤の27日(-_-;)

いえいえ、実際にTOP頁の更新をしたのは11月1日です。このブログの更新報告をさぼっていただけです。すいません。どうもブログは何年続けていても身につかなくて(そーいう問題か?)

とにかく既に今月初めにTOP頁は更新していて、他にもちょくちょくサイトの方は更新してるんですが、その報告は次の記事で。

塩原温泉 静観荘古山のことも書いておきます。今年も去年に続いて塩原温泉古式湯まつりに行ってきたわけですが、その時に泊まったのがこの静観荘古山。たびねすにも書きましたが猛烈に安かったんです。

でもって安かろう悪かろうと思ったらとんでもない。コスパ良すぎの良宿でした。お金が掛かるところは目をつぶって直し直し使って、お金をかけずにできることは可能な限り実行して、少しでも快適に過ごせるように努力してる宿です。あと、若い力も感じます。例えばエレベーターとか壊れたら、もう行き詰っちゃうかもしれないけど、あの快適な宿にはできるだけ存続してほしいと思います。もちろん温泉もいいところですよ。

|

10月の温泉は福島県の高湯温泉のんびり館

10月の温泉は福島県の高湯温泉のんびり館 に決めました。

子連れ温泉ガイドTOP頁で紹介する温泉のことです(9月の温泉は秋田県の後生掛温泉 でした)。

正直ね、外観を見たときには「外したか!」と思いましたよ。和風でもないし、リゾートホテルらしくもないし、新しくも無いし、雰囲気のある古さを出してないし、どっか勘違いしちゃった風。

でもねでもね、外観以外はめちゃめちゃ良かったの。大当たりの宿ですよ。温泉フグが美味しいのは当然として、食事全般が非常にいい。部屋もいい。従業員もいい。お湯はもちろん高湯温泉の掛け流しだし、お風呂も実はいっぱいある。

というわけで、高湯温泉のんびり館は居心地がよかったです。

ついでに同じのんびり館グループで4キロほど離れたところにある信夫温泉のんびり館にも入浴だけさせてもらいました。こっちは今は立ち寄り入浴やってないんだけどね。姉妹館宿泊者ということで、高湯でお願いしたら信夫に連絡して特別に受付してくれました。

|

9月の温泉は秋田県の後生掛温泉

9月の温泉は秋田県の後生掛温泉 に決めました。

子連れ温泉ガイドTOP頁で紹介する温泉のことです(8月の温泉は青森県 桑畑温泉湯ん湯ん♪ でした)。

ここは10年以上前に東北旅行 に行ったときに入りそびれ、今年のGWは泊まってきたんだよね。オンドル湯治部と旅館部があって、旅館部の方。山の中の秘湯だけど旅館部の客室や旅館部専用の浴室は綺麗で快適。

お風呂は露天風呂は小さいのがついているだけだけど、大浴場のレトロなバラエティぶりは非常に楽しい。目立たないけど泥湯がなかなか秀逸。でもこの泥湯、入浴可能時間が決まっていて、残念ながら朝は入れなかったのが残念でした。

東北旅行の温泉レポートは台温泉 までは纏め終えたけど、八幡平からはまだ手がついていない。先週、神戸旅行に行ってしまったのでこちらの旅行記の作成が先になりそう。さらに神戸旅行記の前に、たびねすの記事をいくつか作らなきゃならないし、そうしている間に次の栃木旅行が来てしまいそうな今日この頃なのだ。

|

8月の温泉は青森県の桑畑温泉湯ん湯ん♪

8月の温泉は青森県 桑畑温泉湯ん湯ん♪ に決めました。

子連れ温泉ガイドTOP頁で紹介する温泉のことです(7月の温泉は新潟県 瀬波温泉ゆ処そば処磐舟でした)。

湯ん湯ん♪って、音符がついてるの、ふざけてると思われそうですが、本当に名前に♪がついてるんだもん。

それはさておき、下北半島最強の絶景露天風呂かも。まあそれはあの辺、意外と露天風呂が無いからっていうのもありますかね。

私が行ったときは天気が悪くて悲しかったですが、晴れていれば北海道も見えて最高でしょう。もちろん眺めだけじゃなくてお湯も一級品ですよ。灰色っぽい濁り湯です。

|

7月の温泉は新潟県の瀬波温泉ゆ処そば処磐舟

7月の温泉は新潟県 瀬波温泉ゆ処そば処磐舟 に決めました。

子連れ温泉ガイドTOP頁で紹介する温泉のことです(6月の温泉は群馬県 大胡温泉三山温泉センターでした)。

今月こそ月初めの更新です。この調子で頑張ります。

で、瀬波温泉の磐舟ですが、蕎麦屋さんが日帰り温泉やってて、しかも泊まると斜め向かいの大型旅館 大観荘せなみの湯のお風呂も入り放題なんですね。

でもって露天風呂は眺めがいいんですよ。日本海がババーンと。

独自源泉だし、掛け流しだし。取材の時の対応もめっちゃ良かったのでお勧めです。

今回も温泉レポートはできてないので(旅行記はこちら東北+新潟温泉旅行記*GWの東北5泊6日の旅 )、リンクはたびねすの記事です。

|

6月の温泉は群馬県の大胡温泉三山センター

6月の温泉は群馬県 大胡温泉三山温泉センターに決めました。

子連れ温泉ガイドTOP頁で紹介する温泉のことです(5月の温泉は岩手県の松川温泉 松川荘でした)。

・・・って、もう7月なんですが。

6月の温泉更新を半月忘れてました。更新をすることを忘れてたというより、月初めが過ぎていたことを失念していたって感じです。

二か月続けてやらかしたので、スマホのスケジュールで毎月アラート立ち上げるようにしました(どんだけ)。

三山センターはまだ温泉レポートができていないので、とりあえずたびねす記事にリンクを張っています。

|

5月の温泉は岩手県の松川温泉 松川荘

5月の温泉は岩手県の松川温泉 松川荘に決めました。

子連れ温泉ガイドTOP頁で紹介する温泉のことです(4月の温泉は東京都の温泉銭湯 御谷湯 でした)。

やばいやばい。今月の温泉サイトの表紙の温泉を入れ替えるの忘れてました。そんなこんなで7日になってしまいました(このブログ記事は8日書いてますけど、更新自体は7日に行いました)。

先月の27日から今月の2日までGWの東北+新潟旅行に行ってたんですね。それで帰宅したらTOPの温泉をその旅行で入ったどこかにしようと思いつつ、すっかり更新自体を忘れてました。

とりあえず大急ぎで選んだのは松川温泉 松川荘。松川温泉では松川荘と松楓荘の二か所に入浴できて、どっちも良かったんですが旅館全体がちょっと小奇麗だった松川荘の方にしてみました。

混浴露天風呂があって女性も入りやすいような工夫がされています。

他に女性専用露天風呂や内湯もあります。源泉が二本あって、結構印象が違います。

今、某所で速報温泉レポート作成中なので、それができ次第旅行記の作成、温泉レポートの作成に入る予定です。

|

4月の温泉は東京都の温泉銭湯 御谷湯

4月の温泉は東京都の温泉銭湯 御谷湯 に決めました。

子連れ温泉ガイドTOP頁で紹介する温泉のことです(3月の温泉は栃木県の塩原新湯温泉 共同浴場むじなの湯 でした)。

先月、takayamaさんに東京に住んでいて御谷湯に入ったことないなんてダメダメだぁ~って駄目だしされましたので行ってきました。

たびねすの取材も申し込んで、若旦那さんにいろいろ興味深いお話も聞けました(たびねすの記事はこちら→スカイツリーが見えるだけじゃない!東京の温泉銭湯「御谷湯」の魅力に迫る )。

塩素消毒はせざるを得ないようですが、都内で源泉掛け流しで頑張ってます。建て替えて綺麗。いい黒湯、あります。銭湯料金だからワンコインと安いしねー。

あっと、福祉にも力を入れている銭湯なんですが、このへんの内容もまとめようと思ってたんだった。数日中に作り始めますです。

|

3月の温泉は栃木県の塩原新湯温泉 共同浴場むじなの湯

3月の温泉は栃木県の塩原新湯温泉 共同浴場むじなの湯 に決めました。

子連れ温泉ガイドTOP頁で紹介する温泉のことです(2月の温泉は群馬県の高山温泉ふれあいプラザ でした)。

塩原温泉には地元専用の共同浴場が沢山ありますが、新湯地区の三軒の共同浴場は観光客にも開放してくれているのはありがたいことです。

新湯宿泊者は無料で、日帰り観光客は300円で入浴できます。特にむじなの湯は足元湧出泉ならぬ壁の岩湧出泉で人気ですね。

先月からほとんどサイトの更新をしていないように見えると思いますが、見えないところでずーっと記事のメンテナンス中です。

ようやく一昨日、全温泉レポート記事のレスポンシブ化が完了しました(やったぜ!)。

昨日、今日で同様に温泉レポートの古い頁の処理も完了しました。

この先は温泉レポート記事の画像をクリックで拡大できるところを増やしたり、旅行記の画像の枠の見苦しいところを整理したりできればと思っています。

本当は旅行に出かけたいっ。こんなに出かけられない時期が長引くとは思いませんで。

でも傷心であっても今月中にカタはつくと思うので、半月以内には近場をどこか攻略しにいくつもりですし、GWには長期で東北をぐるっと夫婦でまわってくる予定です(まだ具体的な計画は建ってない)。

|

より以前の記事一覧