カテゴリー「オーストラリア」の投稿

ケアンズ周辺観光ガイドをリニューアル

そしてやっと今日の更新です。

昨日に続いてケアンズのガイド頁のレスポンシブ化。

あと一枚の更新といえど、この観光ガイドの表紙はエリアガイドの表紙と比べても複雑なデザインだしリンクの量も多いので苦労しました。

何とか元のデザインを多少なりとも活かしながら完成。

ケアンズ周辺情報わがままガイド

この中身である61軒の観光情報は既に昨日のうちに更新済み(パロネラパーク とか、ミコマスケイ とか)。

まあまだケアンズぷらすには、未レスポンシブ頁がぱらぱら残ってはいるのですが、とりあえずこれでいったん切り上げ、今日からはまた温泉頁の更新に戻ります。

月初めだしね。表紙の温泉もまだ決めてないけど。

|

ケアンズ周辺エリアガイドをリニューアル

これも昨日の更新になります。

旅行記や子連れ海外旅行ノウハウ頁のリニューアルが終わったので、いよいよケアンズ情報ガイド頁のレスポンシブ化です。

これにはエリア単位で紹介するエリアガイドと、観光名所ごとに紹介する観光ガイドの二種類があるのですが、昨日のうちに終わらせたのは両方の中身全部と、エリアガイドの表紙です。

もともとのセロテープで貼ったようなテーブル素材が気に入ってはいたのですが、それを再現するだけの手間と時間はかけられず、ノウハウ頁の型を使いまわしたところ、えらくシンプルになりました。

まあいいか。

とりあえず下記の通り。

ケアンズ周辺エリアガイド

もともとのテーマカラーがピンクだったんだけど、今回からグリーンになりました。その方が向いているかなぁとか思って。

中身のケアンズ ポートダグラス その他、全部リニューアル済みです。

|

オーストラリア旅行の小技集をリニューアル

正確には今日じゃなくて昨日のリニューアルの内容だけど、以下の頁をレスポンシブ化し、スマホで読めるようにしました。

海外ローミングの持ち物とかもう古くて意味がないと思うけど、そういう頁だけ古いまま残してもしょうがないし、サンドフライ対策やアレルギー対策などは今でも十分役に立つと思うし。

まずは各旅行記の表紙から(これも苦労した)。

ちなみに表紙のフィルム風テーブル素材画像は思い余った挙句、画面のスクショを取って一つの画像に変換して使った(最終手段)。

ケアンズと森とビーチの休日 表紙

ケアンズの南を目指せ **ビーチ&ファームステイ** 表紙

ポートダグラス楽園日誌2004 表紙

ポートダグラス楽園日誌

次にケアンズぷらす本体の表紙もリニューアルした。

子連れ温泉ガイド地熱愛好会と違って、基本的に元のデザインを踏襲して、できるだけそのままレスポンシブ化した。

ケアンズぷらす

最後に小技・裏ワザ集。

オーストラリア子連れ海外旅行のTips 表紙

子連れ海外旅行持ち物リスト

赤ちゃん・子供のパスポート写真の小技

子連れ海外旅行 モバイル準備

オーストラリアへの薬の持ち込みとイオン飲料

食物アレルギーの子供とオーストラリア旅行

サンドフライとは?サンドフライ対策

あっ、あとこの頁も。このころは必要に迫られて自分でカットとか描いてたんだな(汗)。

About…ケアンズぷらすについて

|

「ポートダグラス楽園日誌」をリニューアル

 今これを書いているのはケアンズ近郊のリゾート地、ポートダグラス
 赤い大地オーストラリア、常夏の楽園ケアンズは既に3度目だ。
 国際的なリゾートであり、グレートバリアリーフと熱帯雨林という二つの自然遺産のゲートウェイとして名の通るケアンズ。けれど最初に訪れたそのときから、のどかな海沿いの田舎町として、また、大好きな場所として心に刻み込まれた。
 あれから何年が過ぎただろう。
 今もあの町は変わらず、明るい太陽と垢抜けない陽気さをもって私たちを迎えてくれるのだろうか。

2003年5月24日(土)
 成田-ケアンズ便は往路は夜間飛行だ。カンタスまたはJALでケアンズに経由してシドニーに向かう便は、成田発便の中でも出発が遅い部類に入る。第二ターミナルの混雑も、夕暮れが濃くなるにつれ人影もまばらになり、いつのまにか大荷物を抱えて時計を見る旅客も、豪州かハワイへ休暇を楽しみに行くファミリーや新婚旅行客ばかりとなっている。

 二度目にケアンズを訪問したときはお正月休暇で、大晦日の夜に出国した。
 そのときのアルバムはこの言葉で始まる。
「除夜の鐘がなる頃、私たちは空の上にいる…」

続きを読む ポートダグラス楽園日誌

続いて一番古いケアンズ旅行記もレスポンシブ化完了。スマホで読めるようになりました。

|

「ポートダグラス楽園日誌2004 」をリニューアル

「レナ、オーストラリアで何が一番楽しみ?」
「レナはねぇ、気球に乗ること。気球で空を飛ぶことだよ」
「耳の付いたコアラの形の気球でしょ」
「違うよ。地球儀の形をしたやつ」

 六歳のカナと四歳のレナに前日、オーストラリアに行ったら気球に乗ると話をしたら、そのときはレナは「怖い怖い、乗りたくない」って言っていたのに、一晩寝たら気が変わったらしい。

 レナと違ってカナに聞くときはタイミングを選ばないといけない。彼女は妹のように素直には教えてくれないからだ。しつこく聞くと、オーストラリアに行かないなんて言い出す。
 本当に行きたくないわけじゃない。去年一番喜んでいたのはカナだし、また行きたい行きたいと言い続けて、一年間が過ぎた。
 今年、本当にオーストラリアを再訪することが決まって、パパはカナにこう言った。
「パパはカナとの約束を守ったでしょ」

「カナはオーストラリアで何が一番楽しみ?」
「あのね、あのね鳥さん・・・」
 消え入りそうな小さな声。
 カナは小鳥が大好きなのだ。飼っているわけじゃなく、公園やキャンプ場で見るだけだけど、他の動物よりとにかく鳥に興味を示す。学校の図書館から借りてくる本も野鳥の図鑑などだ。
 去年、オーストラリアを訪れて、色鮮やかなレインボーロリキートが肩に乗ったりカナのあげた餌を食べたり、愛嬌のあるオレンジフッテッド・スクラブフォウルが泊まっているリゾートの敷地をうろうろしているのを見て、もう毎日目を丸くしていた。
 オーストラリアに行けば、また鳥たちに会える。
 それにカンガルーに餌をあげたり、本物のカウボーイやカウガールが暴れ馬に乗る大会を見たり、帆船で珊瑚礁の海をクルーズしたり、移動遊園地で乗り物に乗ったりできるよ。

続きを読む ポートダグラス楽園日誌2004

ケアンズ旅行記の2もレスポンシブ化完了。スマホで読めるようになりました。

|

「ケアンズの南を目指せ **ビーチ&ファームステイ**」をリニューアル

 あれは去年の7月。
 二度目のポートダグラス旅行から帰って、既にココロはオーストラリアに飛んでいた。
 「来年はアサートンとミッションビーチに泊まろうと思うんだけど・・・」
 「ミッションビーチ? どこ? それ」とパパ。
 うんとねぇ・・・ケアンズの南。判る?
 「全然判らない」

 初日 4月28日(木)

 2005年の黄金週間。
 私たち一家四人はオーストラリアで最高の日々を過ごしてきた。
 パワーと情熱に溢れた若いファミリーが両親から経営を引き継いだばかりのファームで、エキサイティングでアンビリーバブルなステイ体験。
 そして夢に見た果てしないビーチが続くリゾートでの一週間の滞在。海とプールの見える広いバルコニー、ハンモックがわりのブランコ、部屋も開放感があってロケーションは最高。

続きを読む ケアンズの南を目指せ **ビーチ&ファームステイ**

昨日からさらにもう一つ前の旅行記にさかのぼってスマホ対応レスポンシブ化リニューアル。

他にもいろいろリニューアル作業しているんだけど、その更新履歴を書く暇も無いと言うね・・あー、他の更新についてはまた明日で。

|

「ケアンズと森とビーチの休日」をリニューアル

 「えーと食べ物は・・・バラマンディって日本語だと肺魚のことだったの!? 知らなかった。肺魚って言えば生ける化石じゃない・・・揚げ物はディープ・フライドなんだ。てっきりフライドだけで揚げるのかと思ってた。ただのフライドは炒め物なのか。するとフライドチキンやフライドポテトって炒めてあるの?・・・むむ、野菜のエキス?・・・野菜のエキスゥ? なにそれ。聞いたことないぞ。英語の綴りは・・・と、vegemite。なんだ、ベジマイトのことじゃん。野菜のエキスなんて書くから何のことかと思った。ベジマイトって書いてよ、ベジマイトって。っていうか、ベジマイトって野菜のエキスのことだったのかー、そっちの方が初めて知ったよー」

 英語に不自由な私は、東京の自宅から成田空港に向かう車の助手席で今更ながら旅行英会話の本を読んでいる。
 いやいや英会話じゃなかった。豪会話だった。
 結構違うのだ、英語と豪語。Aをエイじゃなくてアイと読むというのはよく知られた話だけど、他にも英語には存在しない謎の単語や言い回しも多かったりする。
 どっちにせよ遅すぎるが。
 あと数時間後には成層圏にいるし、10時間もすればオーストラリアの大地に立っている。
 今更何を勉強するっていうのか。
 ああ、こんなことなら毎日ラジオでも聴いて勉強しておくんだった。
 そうさいつも出発前だけはそんな風に決意するんだ。
 もう何もかも手遅れ。
 付け焼き刃。

続きを読む ケアンズと森とビーチの休日

昨日で草津の共同浴場マップ関連を纏め終わりましたので、今日は久しぶりにオーストラリアの方を更新。

ケアンズ旅行記の4がスマホ対応になりました。

ただし、中身だけ。表紙は対応していません(そんなんありか?)。

TOP頁も対応しておりません(ますますひどい)。

|

ケアンズと森とビーチの休日 レイアウトの崩れを修正

昨日に続いて旅行記の表示の崩れを修正中です。

今日は子連れ旅行温泉日記 系ではなく、なんとめちゃくちゃ久しぶりのケアンズぷらすの方です。

一番最後の旅行記、ケアンズと森とビーチの休日 を直しました。

で、直ったかどうかチェック中なんですが・・・自分の旅行記ながらつい読みふけってしまう。

自画自賛ですがこの旅行記は傑作ですよ。

・・・なんて自分で言っちゃいけなかったですね。反省。

ただこのレベルのものは自分ではもう書けないかも。まあそもそもあれ以来海外に行ってないですしね。

|

東日本大震災後の私のウェブサイトに関して

2011年3月11日に起きた東日本大震災後、どうしてもウェブサイトの更新に手がつきませんでした。

約一か月が経過し、いろいろ悩みましたがサイトの存続を決めました。

震災により、私のサイトに掲載したいくつかの施設は既に存在しないかもしれません。
またこんな時に旅行情報や遊び場情報など不謹慎だという意見もあるかもしれません。
そもそも情報としては震災後、役に立たなくなっているものが相当数に上ると思われます。

ですが、これは私個人の記録して、またそのときそこにあったものを伝えていきたいという気持ちから、削除はいたしません(閉鎖などの情報がはっきりしたものは、その旨追記していきたいと思っています)。

2011年4月13日 よしか


【ウェブサイト(ホームページ)側の頁はこちら→東日本大震災後のこのウェブサイトに関して

|

サンドフライとは?サンドフライ対策にブヨ(ブユ)対策を追記

■■■参考までに日本のブヨ(ブユ)対策■■■
ブヨ(ブユ)に刺された時の対処法について

サンドフライとよく似た症状を起こす害虫ブヨ(ブユ)について掲示板でくららさんより有益な情報を頂いたので掲載させていただきます。

  • 市販の虫さされ薬で良くならなければ・・・

続きを読む サンドフライとは? サンドフライ対策

ケアンズぷらすの中のオーストラリア子連れ海外旅行のTipsコーナーにあるサンドフライ対策頁に、日本のキャンプ場などで被害に遭いがちなブヨ(ブユ、地域によってはブトとも呼ぶそうで)に関する情報を追記しました。具体的にはブヨに効く虫除け、刺されたときの対処法、治療法などです。

|

より以前の記事一覧