« 草津温泉 草津ホテル | トップページ | 【超初心者】アドセンスとフリーライターの初めての確定申告 後編 »

【超初心者】アドセンスとフリーライターの初めての確定申告 前編

とりあえず自分用のメモです。来年確定申告の時期に頭の中が真っ白に戻らないように残しておきます。

ブログや個人ホームページにgoogleアドセンスの広告を張った収入と、フリーランスライターの所得が両方ある場合、どんな確定申告書類を作ればいいのかについて書きたいと思います(他の人の参考になるかはわかりません。ならなくても、ごめんなさい)。

Nagedasu_woman

まず前提として。

これまで事情があり、他のことも含めて確定申告をお願いしていた先に今年から頼めなくなりました。私は確定申告の知識がまったくありません。完全にゼロです。何をどうしてよいのかさっぱりわからないまま、初めての自力での確定申告・2017年3月を迎えました。

また、2015年12月からフリーライターとしての仕事も始めました。つまり、2016年に関して、googleアドセンス及びフリーライターとしてのダブルでの収入があるわけです(全然金額は多くありません、念のため。蛇足か)。

1年間の領収書は取ってあります。でも単にバラバラ取ってあるだけで、まったく整理されていません。そもそも最大の疑問として、

  1. この領収書の何と何が経費で落として良いものなのか、良くないものなのか
  2. 落として良いとしたら「何費」にすれば良いのか

ここがまずさっぱりわかりません。それに、

  1. アドセンスは雑費だよね?
  2. フリーライターの収入は給与?

この段階でパニックです(なお後述しますが、私の2016年のアドセンスは雑費扱いにはなりませんでした)。

わからないまま、「確定申告」を検索して、税務署の確定申告関連ページを開きます。

1

えーと、「作成開始」っていうのを押せばいいのか?

2

ネットで手続きするならe-Taxでいいのかな? なになに? 事前登録?カードリーダー?あっ、無理。・・・てことは、必然的に書面提出?

ここまではスイスイ。問題はこのあと。

3

は?なにコレ、「所得税コーナー」「青色申告決算書・収支内訳書コーナー」「消費税コーナー」「贈与税コーナー」に分かれてる。

消費税と贈与税が該当しないのはわかるけど、私は「所得税」なのか?「青色申告」なのか?・・・というか、青色申告って(名前はよく聞くけど)なんやねん。なんでこれだけ「色」の名前がついてるんだ?色の名前を言われたってわからんし、他のコーナーに色の名前が付いてないのもわからん。書いてある説明を読んでも、自分がそのどちらに当たるのかがわからん。

とにかく確定申告と言えば青色申告みたいな勝手なイメージがあったので、青色申告のコーナーをクリックしてみる。ほとんど気分は迷路の分かれ道を見ているようだ。

関係ないけどこの税務署のサイト、間違えると元の所に戻れそうで戻れない。毎回最初からスタートになるので間違える度にうんざりするんだけど、直す気はないのかねえ。

それはさておき、青色申告コーナーをクリックすると、次の画面は「提出方法等選択」。

「決算書・収支内訳書の選択」の方に「青色申告決算書を作成する。」「白色申告書に添付する収支内訳書を作成する。 」「現金主義用の青色申告決算書を作成する。」の三種類から選ぶラジオボタン。

現金主義については説明リンクがあったからいいとして、いきなり脈絡なく登場する「白色申告書」の文字にうおおおおぉぉ?と頭を抱える。どっから出てきた、この白色。青色作ってるんじゃなかったのか?もう何がなにやら。

とりうえず青色と決めたんだから(何が?)「青色申告決算書を作成する。」を選んで先へ進むと、今度は「青色申告決算書(一般用) 「営業等所得がある方はこちら」」「青色申告決算書(農業所得用) 「農業所得がある方はこちら」」「青色申告決算書(不動産所得用) 「不動産所得がある方はこちら」」の三択。

これは農業収入も不動産所得も無いから消去法で最初の営業所等所得へ。

ここまではだいたいとんとん拍子に進んだんですよ。しかーし、

4

はい、出ました~。いきなりハードル上がる。もうね、10センチぐらいの高さのゴム跳びをしていたつもりが、いきなり5メートルの高さに跳ね上がりましたよ。猫と遊んでいたつもりがライオンに追われた気分です。もう、もう、何が書いてあるのか全然わかりません。泣ける。

私はね、googleアドセンスの月ごとの収入と、フリーライターの源泉徴収票に記載された数字と、バサバサと整理されていないただの領収書の束を手に、途方に暮れた訳です。私は手元にあるこれらの数字を入力する画面がほしかっただけなのに。

この段階で1週間ぐらい固まってました(大丈夫、まだ間に合う。スタートしたのは2月中だから)。

でも固まっていても確定申告は進みません。家族にも相談して、もしかしたらどこか途中の分かれ道で間違ったのかもしれないと、もう一度引き返してみました。

3

この画面に戻ってまいりました。ここで「青色申告コーナー」じゃなくて、一番上の「所得税コーナー」に行ってみることに。

5

ここでまた新たな分かれ道です。今度は道が三本に分かれてる。でも今回は一番右に「どっちだかわからない人用」の作成ボタンがある。これを押しちゃえ、それっ。

すると、さっきよりは道がなだらかです。ひとつずつ回答していくと正解に繋がるようになっている。ところどころよくわからないところもありましたが、とりあえず埋めて作りました。

わけがわからないまま、とりあえずgoogleアドセンスの一年分の所得を収入金額等の雑費に、フリーライターとして働いた源泉徴収票の所得額を同じく収入金額等の給与に入れ、源泉徴収額も入れ、さらにテキトーな数値を経費の旅費交通費と通信費に入れ、とりあえずそれらしい「平成28年分収支内訳書」と「平成28年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書B」なる書類をプリントアウトしました。

何故経費の欄の数字がテキトーかと言いますと、最初に書いたように、集めた領収書のどれが経費で落ちるのか否か、落とせるとしたら何費に当たるのかがさっぱり私にはわからなかったからです。

また、もう一つの心配は、アドセンスの方の経費とフリーライターの経費をどう分けるのか、またアドセンス側の経費をどこにどう書くのが正しいのか、これも全然わからなかったことでした。もう何をやっているんだか。

Pose_necchuu_computer_woman

さて、出来上がった書類と源泉徴収票とマイナンバーの写しや本人確認書類をセットして税務署に郵送・・・なんて、できるわけありません。なにしろ経費の数字がテキトーですからね。そもそも書類の書き方がわかってないわけですし。

というわけで、これら書類と、とにかく月ごとに整理した領収書の束、そして印鑑などを持って、地元の税務署に足を運ぶことにしたわけです。3月の1週目のことでした。

続く ⇒ 【超初心者】アドセンスとフリーライターの初めての確定申告 後編

|

« 草津温泉 草津ホテル | トップページ | 【超初心者】アドセンスとフリーライターの初めての確定申告 後編 »

web」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

メモ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事