« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

天然温泉 ふるさとの湯

 関越自動車道の坂戸西スマートICから高麗川を渡った川沿いに建つ日帰り温泉が天然温泉ふるさとの湯だ。高麗川の名はその昔、朝鮮半島の高句麗からの亡命者を受け入れた高麗郡の地名に由来するもので、3キロほど下流で越辺川に合流し、やがては荒川となって東京湾にそそぐ。

続きを読む 天然温泉 ふるさとの湯

|

東北+新潟温泉旅行記*GWの東北5泊6日の旅4-13~21、5-1~9

 もう由良温泉の共同浴場に寄る時間は無い。
   最初からこのシーズンは午後3時から8時っていう営業時間が厳しすぎて寄るのは難しいと思っていたが、逆に時間は午後3時ぐらいになりそうだけど、もう寄っていく時間そのものが無い。

   すると湯田川温泉にだけ寄って、あとは泊るあつみ温泉に向かうことになる。

続きを読む↓

  1. 湯田川温泉の共同浴場は船見商店で鍵を開けてもらう          
  2. 湯田川温泉の賑やかな共同浴場 正面湯                     
  3. 湯田川温泉の裏通りの共同浴場 田の湯                     
  4. 桜散り終えたあつみ温泉          
  5. 東屋旅館の部屋とお風呂          
  6. あつみ温泉の萬国屋とたちばなや          
  7. 湯之里公衆浴場          
  8. 正面湯は何の正面?          
  9. 夜の正面湯
  1. 朝の下の湯          
  2. あつみ温泉朝市と朝顔売り          
  3. 道の駅あつみと被災地から戻って来た自衛隊          
  4. 鼠ヶ関鮮魚センターの大きなわんちゃんたち          
  5. 地味で心配になるイヨボヤ会館                     
  6. 本物の川底を観察する窓                     
  7. 瀬波温泉 龍泉と激しい通り雨          
  8. 磐舟の露天風呂は日本海一望          
  9. 磐舟の源泉と磐舟の蕎麦

|

キッザニア東京お仕事パビリオン紹介頁更新(石けん工場・ソーセージ工房等)

キッザニア×キッザニアキッザニア東京お仕事パビリオン紹介の頁を最新版に更新しました。

具体的には、ソーセージ工房・石けん工場オープン、住宅建築現場・病院の外科手術リニューアルオープン、ファッションデザイナー・キッザニアの森クローズなどです。

そのほか、キッザニア東京に取材に行きましたので、たびねすの方にキッザニア記事を3件載せました。

それぞれ「初めて行くキッザニア攻略ダイジェスト」、「石けん工場レポート」、「ソーセージ工房など今年オープン又はリニューアルしたパビリオンレポート」という内容になってます。

普段は入れないパビリオンの中で取材させてもらったので、保護者目線では見えない角度の写真なんかも撮らせていただきました。

|

東北+新潟温泉旅行記*GWの東北5泊6日の旅4-4~12

 お風呂から上がっても期待したようには雲は取れなかった。相変わらず山の上半分ほどが熱い雲に覆われている。ひどすぎる。
   そこでまた寄り道をすることにした。ちょうどまた、看板を発見。駐車場がありそこから700m徒歩10分ほどで元滝伏流水という景勝地に着くようだ。

続きを読む↓

  1. 元滝伏流水          
  2. 鳥海ブルーラインは通行止め                     
  3. 日本海の十六羅漢岩                     
  4. あぽん西浜でお湯が抜ける!?          
  5. とりみ亭のトンタン麺を諦める                     
  6. 鳥海ブルーライン(山形県側)                     
  7. 鶴岡市立加茂水族館の混雑          
  8. クラネタリウム          
  9. クラゲ栽培コーナーとクラゲの発光展示

|

東北+新潟温泉旅行記*GWの東北5泊6日の旅3-4~18、4-1~3

 碇ヶ関までは高速を使った。鹿角八幡平ICから東北自動車道に乗って碇ヶ関ICで降りて一般道をちょっと戻る。
   碇ヶ関周辺の温泉について、今更ながら前夜に調べてみたところ、今回の目的地の古遠部温泉、以前入ったことがある日景温泉の近くに湯の沢温泉郷があって、以前はなりや、でわの湯、秋元温泉の三軒があったと(いやホント何を今更)。

続きを読む↓

  1. 廃業が続いた碇ヶ関周辺の温泉旅館          
  2. 古遠部温泉の撮影許可          
  3. 古遠部温泉、それはトド寝発祥の地                     
  4. 道の駅らしくない道の駅やたて峠の温泉 矢立ハイツ                     
  5. 八郎潟と大潟村          
  6. 大潟村の菜の花と桜並木          
  7. 寒風山で寒風攻撃を受ける          
  8. 男鹿温泉 雄山閣では"なまはげ"の口がお湯を吐く                     
  9. 雄山閣の露天風呂は優美な花見風呂                     
  10. 海陽で男鹿名物石焼料理          
  11. 入道崎          
  12. 男鹿半島の海岸線と岩          
  13. 秋田市内へ          
  14. ダイワロイネットホテル秋田に泊まる          
  15. 川反通りの夜

  1. 秋田の台所、秋田市民市場          
  2. 雲が晴れるまで金浦温泉          
  3. 金浦温泉 学校の栖の数奇な遍歴

|

東北+新潟温泉旅行記*GWの東北5泊6日の旅2-4~21、3-1~3

 ここで八幡平の温泉をちょっと整理しておこう。
   八幡平は岩手県と秋田県にまたがる奥羽山脈の一部で、八幡平アスピーテラインという絶景ドライブロード周辺を中心に数多くの温泉が点在している。ちなみに源泉温度が高すぎて蒸気化しているため、それを水に通して湯船に注いだいわゆる造成泉が多い場所でもある。

続きを読む↓

  1. 八幡平の温泉          
  2. 松川温泉の松楓荘          
  3. 松楓荘の濁り湯混浴露天風呂                     
  4. 松楓荘の内湯と巨石                     
  5. 松川温泉の二軒目、松川荘          
  6. 松川荘の混浴露天風呂と女性専用露天風呂                     
  7. 群生する幻想的な水芭蕉                     
  8. 森乃湯で食べようと思っていたのに                     
  9. 鉄鍋ラーメンのごろちゃん                     
  10. 八幡平で野生のクマ目撃!!!          
  11. 日帰り温泉できるのか?玉川温泉                     
  12. 憧れの玉川温泉                     
  13. 一般観光客向けの綺麗な新玉川温泉          
  14. 雫を凶器に変えて・・・新玉川温泉                     
  15. 後生掛温泉の旅館部に泊まる                     
  16. 後生掛温泉は昭和のバラエティ風呂          
  17. 後生掛温泉の箱蒸し風呂と泥湯          
  18. 後生掛温泉の夕食

  1. 予想外の銀世界          
  2. 八幡平の癒し系、銭川温泉                     
  3. 弘前城の桜には間に合うのか

|

東北+新潟温泉旅行記*GWの東北5泊6日の旅1-16~23、2-1~3

 初日の宿泊を花巻温泉郷に決めたのは、夫に何か希望は無いか尋ねたところ、「一泊は街に泊って夜、飲み歩きたい」という答えが返ってきたから。

続きを読む↓

  1. 花巻温泉郷のどこに泊まるか          
  2. 中嶋旅館到着          
  3. 宮大工の手に寄る伝統建築の中嶋旅館          
  4. 鄙びた台温泉を散策          
  5. 中嶋旅館の大理石の浴室          
  6. 中嶋旅館の夕食と噛み合わないお風呂の話          
  7. 中嶋旅館の揺れない深い岩風呂          
  8. 子連れに嬉しい貸切風呂

  1. まさか無人だとは          
  2. 台温泉の日帰り温泉 精華の湯          
  3. 雨の中の出発

|

東北+新潟温泉旅行記*GWの東北5泊6日の旅1-8~1-15

 毛越寺は、もちろん悪くなかったけど、何だかイメージが違っていたなと思いつつ、次は中尊寺へ。
   こちらは思ったよりずーっと規模が大きかった。毛越寺より何倍も時間を取っておかないとゆっくり見られない。それに山を登るような急坂が多く、体力も消耗する。

続きを読む↓

  1. 中尊寺は見どころいっぱい          
  2. 中尊寺本堂          
  3. 10意外に小さい?中尊寺金色堂          
  4. 白山神社の能楽殿と、目にご利益の峯薬師堂          
  5. 焼石クアパーク ひめかゆ          
  6. ひめかゆほっと館とゆうゆうプラザひめかゆ          
  7. ダム湖のほとりの日帰り温泉「つなとり温泉景勝園」          
  8. 景勝園の残念な露天風呂

|

東北+新潟温泉旅行記*GWの東北5泊6日の旅1-1~1-7

 温泉好きにとって東北地方と言うのはやっぱり憧れの地だ。

   14年前に当時小さかった子供たちを連れて11日間掛けて回って、去年青森県だけは4日間掛けて回ったけど、まだまだ行きたかったのに行かれなかった温泉がたくさんある。

続きを読む↓

  1. ゴールデンウィークの東北一周旅行計画          
  2. 旅の始まりは飯坂温泉共同浴場から          
  3. 朝の鯖湖湯          
  4. バリアフリーの波来湯                     
  5. 波来湯公園                     
  6. 毛越寺の蕎麦屋「松風庵」          
  7. 毛越寺

|

東北+新潟温泉旅行記*GWの東北5泊6日の旅6-1

 チェックアウトは8時過ぎ。
   まずは昨日寄った五頭温泉郷のうち、一番南にある村杉温泉に行ってみようと思う。ここには共同浴場があるはずだ。

続きを読む 東北+新潟温泉旅行記*GWの東北5泊6日の旅

|

東北+新潟温泉旅行記*GWの東北5泊6日の旅5-1

 東屋旅館で朝ご飯を食べて8時過ぎにはチェックアウト。
   あつみ温泉は山形県内だが、もう新潟県との県境近い場所にある。
   本日の予定はひたすら新潟県の海岸線に沿って南下、途中で瀬波温泉や西方の湯に寄って、どこかで満開のチューリップ畑を見て、宿泊する月岡温泉に入るという流れ。

続きを読む 東北+新潟温泉旅行記*GWの東北5泊6日の旅

|

7月の温泉は新潟県の瀬波温泉ゆ処そば処磐舟

7月の温泉は新潟県 瀬波温泉ゆ処そば処磐舟 に決めました。

子連れ温泉ガイドTOP頁で紹介する温泉のことです(6月の温泉は群馬県 大胡温泉三山温泉センターでした)。

今月こそ月初めの更新です。この調子で頑張ります。

で、瀬波温泉の磐舟ですが、蕎麦屋さんが日帰り温泉やってて、しかも泊まると斜め向かいの大型旅館 大観荘せなみの湯のお風呂も入り放題なんですね。

でもって露天風呂は眺めがいいんですよ。日本海がババーンと。

独自源泉だし、掛け流しだし。取材の時の対応もめっちゃ良かったのでお勧めです。

今回も温泉レポートはできてないので(旅行記はこちら東北+新潟温泉旅行記*GWの東北5泊6日の旅 )、リンクはたびねすの記事です。

|

6月の温泉は群馬県の大胡温泉三山センター

6月の温泉は群馬県 大胡温泉三山温泉センターに決めました。

子連れ温泉ガイドTOP頁で紹介する温泉のことです(5月の温泉は岩手県の松川温泉 松川荘でした)。

・・・って、もう7月なんですが。

6月の温泉更新を半月忘れてました。更新をすることを忘れてたというより、月初めが過ぎていたことを失念していたって感じです。

二か月続けてやらかしたので、スマホのスケジュールで毎月アラート立ち上げるようにしました(どんだけ)。

三山センターはまだ温泉レポートができていないので、とりあえずたびねす記事にリンクを張っています。

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »