« 黒川温泉 耕きちの湯 | トップページ | 地獄温泉 清風荘 »

黒川温泉 新明館

 黒川温泉の観光案内所である風の舎から急坂の石段を下りて、昨日カレーを食べたわろく屋の前を通過し、最初の橋を左へ渡る。
 新明館はわろく屋などの食べ物屋が並ぶ通りの川向いにあるのだ。
 その渡る橋が既に新明館の一部だった。
 新明館にのみ通じている橋なのだから当然なのだが、橋が建物と一体化し、橋を渡り始める時から既にそこは新明館だった。

 新明館は川向こうのごく狭い場所に、川に身を乗り出して張り付くように建っているように見える。
 瓦屋根の軒下には日本秘湯を守る会の提灯。
 入り口には干した玉蜀黍や、蓑と傘が下がり、壁は渋墨で黒く塗られている。

 新明館のお風呂が有名なのは洞窟風呂になっているからだ。
   単に洞窟の中にお湯を張っているだけなら、千葉の養老温泉新川とか、長野の七味温泉紅葉館とかすぐにいくつか思いつくけれど、この新明館が特殊なのは、館主自らが3年半掛けてノミ一本で彫り上げたという逸話があるからだ。

続きを読む 黒川温泉 新明館

|

« 黒川温泉 耕きちの湯 | トップページ | 地獄温泉 清風荘 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

温泉紹介」カテゴリの記事