« 山口旅行記2-1 | トップページ | 山口旅行記2-3 »

山口旅行記2-2

 長門湯本温泉から単線の美祢線に沿って北上すれば二駅ほどで日本海側の海岸線に出る。
   ここは仙崎。下関に次ぐ山口県第二の水揚げ量を誇る漁港がある。
   この山口旅行の前に行った野沢温泉旅行で、みんなに下関の唐戸市場に行くなら仙崎漁港に行った方がいいと勧められた、唐戸市場は観光客向けなので値段も高いだろうと。

   その仙崎から橋でつながった青海島。ここが次の目的地だ。
   私は青海島も行くなら晴れた日がいいと思っていたので、今回の旅行では諦めるつもりだった。
   それにダイビングはしないし、2キロ近くあるはずのメモリアルロードハイキングをする時間も無いだろうと思っていた。

   でもなんとなくパパが次は青海島へ行ってみようと言うので来てしまった感じ。
   この辺りの海岸線は曇り空の下、どこかぼんやりと霞んだ海にぽこぽこと島が浮かんでいてのどかな雰囲気を作り出している。
   ただなんとなく違和感もある。
   パパも同じことを考えていたようで、それを口にした。
   「海岸線が高い・・というか、道路の位置が低い」
   「だよね。目線の高さに海がある。これって海が荒れたら道路沈まないのかな」

   青海島に渡る青海大橋は昨日の角島大橋と違ってごく短く、あっというまに島の上。
   何も調べていなかったので島のどこに行けば何があるのかよくわからない。
   一応ガイドブックに1頁だけ載っているが大半は青海島クルージングの話。それからダイビングとメモリアルロード(青海島自然研究路)がちょっとだけ。

続きを読む 山口旅行記2

|

« 山口旅行記2-1 | トップページ | 山口旅行記2-3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事