« 桜の古都巡り*奈良観光旅行記2-17~34、3-1~8 | トップページ | 桜の古都巡り*奈良観光旅行記3-26~30、4-1~13 »

桜の古都巡り*奈良観光旅行記3-9~25

 長谷寺駅から飛鳥駅までは全部近鉄線利用だが大和八木駅、橿原神宮駅と2回乗り換えなくてはならないのがちょっと面倒くさい。
 時刻表は持っているが、すぐ次に来る電車がどちら方面か即座に知りたいと思い、改札の駅員さんに伺うと、丁寧に乗換駅も説明してくれた。
 電車は空いている。30分ちょっとで飛鳥駅に着く。最初立てた計画よりは遅くなっているが10時過ぎには飛鳥駅に着いて自転車を借りることができるだろう。

 奈良旅行と言えば、レンタサイクルというイメージがあった、のどかな風景の中を自転車で回って、ぽつぽつと点在する奈良時代の寺社や飛鳥時代の遺跡を見て回るといった。
 実際にそのイメージに近いのは法隆寺や藤の木古墳のある斑鳩と、高松塚古墳や石舞台古墳のある飛鳥の二ヶ所だろう。
 法隆寺は修学旅行の定番だろうし、自分が行ったことのないエリアということで飛鳥を選んだ。

 飛鳥の見どころは主に橿原神宮前駅と飛鳥駅の間に集中しているため、最初は橿原神宮前駅で自転車を借りて、飛鳥駅で乗り捨てるプランを考えた。
 この場合ネックになるのは荷物だ。
 どちらの駅のコインロッカーに入れるにしても、どこかで無駄に二駅往復しなくてはならない。
 JR万葉まほろば線の三輪駅同様、ここでも電車の本数が問題だった。
 追加料金を払わなくてはならない特急を除くと昼間は1時間に2本。
 コインロッカーの荷物を取りに戻るためだけに往復するにはあまりにも効率が悪い。

 結局橿原神宮前周辺は諦めて、飛鳥駅から出発し、適当なところで折り返して再び飛鳥駅に戻ることにした。
 特に興味のある巨石遺跡や高松塚古墳は飛鳥駅寄りにあったからだ。

続きを読む↓

9.長谷寺から飛鳥へ
10.飛鳥駅のレンタサイクル
11.高松塚古墳に至る長閑なサイクリングロード
12.飛鳥王国パスポートと高松塚壁画館
13.芝生プリンじゃない、あれが高松塚古墳なんだ
14.飛鳥歴史公園館
15.天武天皇・持統天皇陵
16.亀石
17.橘寺と聖徳太子誕生地
18.迷い道で出会った景色
19.満開桜の石舞台古墳
20.石舞台古墳の中に入ろう
21.あすか野ログハウスと飛鳥の夢市
22.鬼の雪隠・鬼の俎
23.吉備姫王墓の猿石
24.初めての前方後円墳
25.岩屋山古墳と許世都比古命神社

|

« 桜の古都巡り*奈良観光旅行記2-17~34、3-1~8 | トップページ | 桜の古都巡り*奈良観光旅行記3-26~30、4-1~13 »

子連れお出かけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事