« 九州温泉巡り旅行記*阿蘇-長湯温泉-黒川温泉2-6 | トップページ | 九州温泉巡り旅行記*阿蘇-長湯温泉-黒川温泉3-1 »

九州温泉巡り旅行記*阿蘇-長湯温泉-黒川温泉2-7

 そうなのだ。
 長湯温泉と聞くと、みんなラムネ温泉館に行くといいと教えてくれる。
 特に露天風呂。
 温泉好きの友人知人たちは口をそろえてそう言うし、地獄温泉清風荘の夜の新湯で出会ったヌシみたいだった人もそう言っていた。
 ヌシみたいだった彼女は以前長湯に泊った時、泊まった宿にあまりいい印象が無かったらしくて「湯量が足りなくてほとんど水で埋めたみたいな旅館もあるから気を付けて」って言ってたっけ。その宿の名前は口にしなかったけど、長湯にはお湯は沢山溢れているのかと思っていたから意外だった。

 近づいてきた建物は最初はその意外な形に驚いた。
 三角の巨大な屋根が建物のほとんどを占めているデザイン。
 何より屋根のてっぺんにちょこんと生えている植物?
 なに風と言ってよいのだろう。何だかイメージしたのは「ムーミンが住んでいそう」というもの。
 さらに最初は屋根ばかりが目についたが、よく見ると壁の部分は白黒のストライプ。非常に目を引く個性的な建築物だ。

 実際ラムネ温泉館の建築は、独創的な美術館のデザインなどで知られる建築家 藤森照信氏によるもので、特定のどこかの国の建築物ををイメージしたというものではなく、焼き杉、漆喰、銅版を効果的に使用したオリジナルなものであったようだ。

 とにかく今まで見たことの無い建物で、敷地内に入る時に絵本の中のような別の世界に行くようで不思議な感覚があった。

続きを読む 九州温泉巡り旅行記*阿蘇-長湯温泉-黒川温泉2

|

« 九州温泉巡り旅行記*阿蘇-長湯温泉-黒川温泉2-6 | トップページ | 九州温泉巡り旅行記*阿蘇-長湯温泉-黒川温泉3-1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事