« 九州温泉巡り旅行記*阿蘇-長湯温泉-黒川温泉2-3 | トップページ | 九州温泉巡り旅行記*阿蘇-長湯温泉-黒川温泉2-5 »

九州温泉巡り旅行記*阿蘇-長湯温泉-黒川温泉2-4

 さてそろそろ長湯温泉だ。
 本当は長湯の手前の七里田温泉にも寄りたかったけど、とにかくお昼ご飯も食べずに既に2時。
 長湯温泉に行って温泉街で昼食を取り、それから沢山あるだろう長湯の温泉施設をひとつひとつ回りたい。

 「そろそろ長湯温泉だよ」と言われて地図を見ていた顔を上げると、もう道の右手に日帰り温泉らしい立派な建物が通り過ぎていくところだった。
 ちらりと見えた看板は万象の湯。
 えーと、万象の湯って確か長湯の日帰り温泉のひとつだったよね?

 しかし万象を過ぎたあたりに万寿温泉とか長湯とは違う名前の小さな温泉宿が見えて、それから短いトンネルを潜り、あとは道の両側に何もない。
 いったい長湯温泉の温泉街はどこに?と思ったら、「道の駅ながゆ温泉」の標識が見えて、ここかなぁ、ここだよねと右に曲がったら、観光案内所があって、その先が長湯温泉の温泉街になっていた。

 カーナビには宿泊するガニ湯本舗天風庵を入力していたので、何となく走っているうちに川沿いに出て、川を渡って右に曲がると画像で見ていたガニ湯本舗天風庵に着いた。
 本当に立派な建物だ。
 といっても宿ではなく共同浴場風。それも有名な温泉地の中心にある大湯にあるような堂々とした造り。
 しかしここは共同浴場ではない。
 1階が郷土料理の食事処。2階は湯治用の宿泊施設。
 共同浴場なのはこのガニ湯本舗天風庵の向かいだ。
 正面にさっき渡ってきた芹川が流れているが川の向かいではなく、すぐ目の前の河原。
 河原に川の中に向かって突き出すようにカニの形をした特徴的な露天風呂がある。
 これが長湯温泉で最も有名なガニ湯だ。
 無料で誰でも利用できるが、道路からそのまんま見下ろせるようにまるっきり丸見え。
 は、入りたいけど・・・本当に入れるかな?
 どっちにせよ勝負は夜か。昼間はとても入れなさそう。

続きを読む 九州温泉巡り旅行記*阿蘇-長湯温泉-黒川温泉2

|

« 九州温泉巡り旅行記*阿蘇-長湯温泉-黒川温泉2-3 | トップページ | 九州温泉巡り旅行記*阿蘇-長湯温泉-黒川温泉2-5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事