« 草津温泉と渋温泉*真夏の外湯巡り 目次 | トップページ | 草津温泉と渋温泉*真夏の外湯巡り1-2 »

草津温泉と渋温泉*真夏の外湯巡り1-1

 関東甲信越で温泉街と聞いてすぐに思い出すのは草津、渋、野沢の三ヵ所。
 古い木造旅館の並ぶ一角や昔からある共同浴場。
 浴衣を着て下駄をカランコロン鳴らしながら歩きたいな。手ぬぐい一本だけ持って、誰も入っていない小ぢんまりとした外湯のドアを開けるの。
 そうしたら湯気の中にはきっと・・・

 8月初旬の大人だけの温泉旅行三年目。
 今年の行き先は群馬県の草津温泉と長野県の渋温泉。

初日 2014年8月2日(土)

 春ごろから何となく夏には栃木に行って白濁した硫黄泉に入りたいかなぁなんて考えていた。
 でも実際にプランニングする段階になったら、パパから出てきた言葉は「温泉街がいいな」だった。

 温泉街だったら渋かな。
 前に渋の隣の安代温泉や近くの湯田中温泉に泊まったことはあるが、渋温泉そのものに泊まったことは無い。
 二人で地図を取り出して眺めていたら、どうせ志賀方面に行くのなら往復上信越道を使うのではなく、片道は渋峠越えで群馬県から入るのはどうだろうということになって、渋温泉の前泊は草津に決めた。

 ということは、前半は草津温泉で、後半は渋温泉か。
 本当にどっちも外湯が充実している。これは楽しみ。
 すごく楽しみ。

続きを読む 草津温泉と渋温泉*真夏の外湯巡り1

|

« 草津温泉と渋温泉*真夏の外湯巡り 目次 | トップページ | 草津温泉と渋温泉*真夏の外湯巡り1-2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事