« 山花温泉リフレ | トップページ | 湯宿くったり温泉レイクイン »

登別温泉 第一滝本館

 湧出量と泉質の多様さから温泉のデパートと称されるほどの登別温泉は、北海道で最も有名な温泉地であり、全国的な知名度も高い。
 登別の語源はアイヌ語で「白く濁った川」。アイヌの人々も昔からこの温泉を薬湯として重宝してきた。

 江戸時代1858年に埼玉出身で湯治の祖と呼ばれる滝本金蔵が、皮膚病に苦しむ妻のために湯小屋を建てたのが今の第一滝本館の始まりとされている。
 以降、登別温泉の歴史はこの宿とともにあった。
 今も登別温泉の温泉街から地獄谷に向かう坂の途中には滝本金蔵の名を刻んだ石碑が立っている。

 1週間ほどの北海道旅行の最終日に登別温泉に泊まることが決まって、候補として最初に浮かんだのが第一滝本館だった。
 いくら温泉のデパートと言ってもどこの宿でも沢山の泉質のお湯に入れるわけではない。
 しかしこの第一滝本館であれば巨大な浴場には7種類もの源泉が引かれているはず。
 どうせ泊まるならここにしたい。幸い宿泊料も決してお高くない。

続きを読む 登別温泉 第一滝本館

|

« 山花温泉リフレ | トップページ | 湯宿くったり温泉レイクイン »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

温泉紹介」カテゴリの記事