« 小さな旅 川越温泉 | トップページ | 桜の古都巡り*奈良観光旅行記4-3 »

いただけますよう いただきますよう 下さいますよう

文書を確認する用事があって、「○○していただけますようお願いいたします」という一文に目が留まった。

なんか違和感がある。

この日本語の使い方は正しいのだろうか?

で、検索等して調べた結果、自分の中ではこう落ち着いた。

いただけますよう

 疑問文・仮定文専用としてなら正しい。

 例「していただけますか?」「していただけましたら幸いに存じます」

いただきますよう

 相手に要求することになるので敬語の使い方としては誤り。

 ただし、最近はこのように使われることが増えてきている。

下さいますよう

 正解。行動を行う主体が相手(お客様)なので、この日本語を使うことが最も適切である。

 「○○して下さいますようお願いいたします」

なお、もっと堅苦しくするなら「賜る」を使う。

「○○賜りますようお願い申し上げます」

結論

 いただけますよう→敬語的には正しいけど、文法的には変

 いただきますよう→文法的には正しいけど、敬語的には変

 下さいますよう→○

自分もついつい「いただきますよう」的な使い方をしがちなので気を付けようっと。

|

« 小さな旅 川越温泉 | トップページ | 桜の古都巡り*奈良観光旅行記4-3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事