« 桜の古都巡り*奈良観光旅行記3-6 | トップページ | 桜の古都巡り*奈良観光旅行記3-8 »

桜の古都巡り*奈良観光旅行記3-7

 鬼のキッチン&トイレの見学後、次はどこと娘に問うと、えーとね、なんとか姫のお墓と返ってきた。
 田園や民家の点在するサイクリングロードのようなコースをさらに進むと、前方に人工的な池のような物が見えてきて、何でこんなところに池があるんだろう、農業用のため池かなと思っていると自転車置き場があった。ここで自転車を降りて草の斜面に作られた階段を上るらしい。

 登ったところにあったのは吉備姫王(きびひめのみこ)の墓。
 行きに天武天皇・持統天皇陵で見たような宮内庁の屋根つきの注意書き札が立っており、墓を守る鳥居と石の柵の中をのぞくと4体の石像が置いてあった。

 この石像、見たことある。
 亀石なんかと同様、よくガイドブックに載っている猿石じゃない。亀石や石舞台古墳みたいにそれだけがぽつんとあるのかと思ったら、お姫様の古墳の中に置いてあったとは。全然知らなかった。

 猿石とは言っても猿っぽく見えるのはその中の2体、「山王権現」と「僧(法師)」と札が立っているものだけだ。この他の「男」と書かれている石像は烏帽子を被った男性にしか見えないし、「女」と書かれた石像は爬虫類か両生類、あるいは宇宙人にしか見えない(怖すぎる)。

続きを読む 桜の古都巡り*奈良観光旅行記3

|

« 桜の古都巡り*奈良観光旅行記3-6 | トップページ | 桜の古都巡り*奈良観光旅行記3-8 »

子連れお出かけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事