« 芦ノ牧温泉 丸峰観光ホテル | トップページ | 芦ノ牧温泉 大川荘 »

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯

 会津と言えば民謡「会津磐梯山」。
 その歌詞の中で「小原庄助さんなんで身上つぶした 朝寝朝酒朝湯が大好きで それで身上つぶした もっともだもっともだ」と歌われる庄助さんのモデルは、江戸時代の材木商、戊辰戦争で戦死した郷頭、会津漆器の塗り師などさまざまな説があるが、はっきりとは特定されていない。

 会津東山温泉 庄助の宿瀧の湯の庄助は、この民謡に歌われた庄助さんだ。
 行って泊まってみたら思っていたよりずっと良かった宿というのがある。庄助の宿瀧の湯もそんなところだった。
 ツアーを使って泊まったので、それなりの宿かと思っていたのだが、従業員、部屋、食事、そしてお風呂も細かいところに気を配っている。いろいろな面で金額以上に満足を感じられた。
 赤ちゃん連れ歓迎や地産地消のおふくろバイキングといった特色も早くから取り入れているし、川の対岸には能舞台がしつらえてあり、毎晩夜には方言を使った昔話のイベントを行うなど工夫が凝らされている。

続きを読む 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯

|

« 芦ノ牧温泉 丸峰観光ホテル | トップページ | 芦ノ牧温泉 大川荘 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

温泉紹介」カテゴリの記事