« 会津東山温泉巡り1-7~12 | トップページ | 会津東山温泉巡り1-21~31、2-1~2 »

会津東山温泉巡り1-13~20

 先ほど通った湯野上温泉から会津に行くにはそのまま国道を北上すれば一番近いが、大内宿に寄るために県道の日光街道に入っていたため、そのまま県道を北上することにした。
 道幅は広くは無いがきちんと舗装されていて走りやすい道だ。
 大内ダムのダム湖の東を通り、峠を越えると木々の合間からちらほらと会津の盆地に広がる町並みが見えてきた。

 山道を下り切るとまず目に入るのは緑の水田だ。
 うるさいほどの蝉の声と夏空と水田。
 ところどころに小山がある他はほぼ真っ平らな盆地。
 只見線の線路を越えて国道にぶつかったら右折、一級河川の阿賀川を渡っていつの間にか町の中を走っている。

 会津若松の東側を南北にのびる小田橋通りを北上すると、カーナビにお城のマークが出てきた。若松城と書かれている。
 あれ? 会津若松にある有名なお城って鶴ヶ城じゃなかったっけ? 若松城っていうのも聞いたことがあるような気がするけれど、この辺に二つもお城無かったよね?

続きを読む↓

13.鶴ヶ城=若松城
14.庄助の宿 瀧の湯で湯めぐりパスポートにハンコを貰う
15.向瀧と期間限定で川の中に建てられる盆踊りの櫓
16.会津東山温泉街の足湯
17.原瀧と川を見下ろす露天風呂
18.新滝と千代滝
19.新滝のわたり湯
20.庄助の宿 瀧の湯にチェックイン

|

« 会津東山温泉巡り1-7~12 | トップページ | 会津東山温泉巡り1-21~31、2-1~2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事