« 1月の温泉は埼玉県の百観音温泉 | トップページ | かみのやま・赤湯温泉外湯巡り2 »

かみのやま・赤湯温泉外湯巡り1-3

 郷土料理の店は本当に近かった。
 漁師小屋「網元」山形番屋という店。駅前の角地のミスタードーナツが入っているビルの2階。

 入り口は洒落た魚屋のように寒ブリやらつぶ貝が発泡スチロールの水槽に入れてディスプレイを兼ねて並べてある。
 時刻が早めのせいか店内は空いていて、まめな感じの訛りのないお兄さんが案内してくれた。
 大きな樽の一部を切り抜いて入り口にした半個室のスペースだった。寄りかかる壁が平らではなく曲線なので、何だか広いような狭いような落ち着かなさがあった。
 店の中はとても雰囲気が良い。
 昔の民家のような黒ずんだ板張りの壁に漁師の網やイカ釣りのライトが吊るされ、壁面の棚には一面地酒が並べられている。

 メニューを持ってきたお兄さんは焼酎と梅酒は50種類以上を揃えているので間違えないように注文はナンバーでお願いしますと言う。確かにとても種類が豊富だ。パパが何で?と聞くと、地酒を揃えている店はたくさんあるので差別化を図ってみましたという返事。もちろん地酒の品ぞろえが少ないわけではない。
 山形らしい料理がいいんだけどと相談すると、芋煮、寒ブリ、ハタハタ、野菜焼きなどを勧められる。寒ブリとハタハタ、ホタテ、イクラなどを注文した。

続きを読む かみのやま・赤湯温泉外湯巡り1

|

« 1月の温泉は埼玉県の百観音温泉 | トップページ | かみのやま・赤湯温泉外湯巡り2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事