« 桜の古都巡り*京都観光旅行記3-5 | トップページ | utf-8とshift_jisの文字化け »

桜の古都巡り*京都観光旅行記3-6

 とりあえず予定通り駆け足だったが午前中に大原の見どころである三千院と寂光院は見て回ることができた。
 三千院は思ったよりも広く建物に入った最初のうちは商業主義的な感じが強かったが、庭はとても感動した。
 寂光院の方はと言えば三千院とは逆に思っていたよりも小ぢんまりとしていた。石段や庭は雰囲気があったが、残念なことに十数年前に焼失してしまったため建物などはやはり再建しても歴史の重みが薄れてしまったように思う。
 大原と言えばこの二つが知られているが、三千院の近くには勝林院、来迎院、実光院、宝泉院などの寺院があり、寂光院の近くには阿波内侍の墓などもある。
 特にtwitterであずさんに朝一番の宝泉院の紅葉時期の額縁のような庭が素晴らしいと教えてもらったので、次の機会があればゆっくり回ってみたいと思っている。

 行きに京都バスに乗ったのは四条河原町の交差点だったが、帰りは手前の京阪三条で降りることにした。
 大原の里でのおはぎではお腹の足しにならなかったのか、まだまだお腹が空いているという娘たちに昼食を食べさせるとして、塾の先生お勧めのイノダコーヒー本店に寄ってみようと思ったからだ。

 市内に入ったバスの中からは三条のアーケードの入口が見えて、それから本能寺の入口も見えた。
 本能寺と言えば明智光秀の裏切りで織田信長が自刃し炎上したことで誰もが知る有名寺院。
 しかしその時点で炎上してしまったことでわかるように、今ある本能寺は移転して再建されたものだ。

 雨はまだ大したことは無かった。
 外を歩いている人も傘を差していたり差していなかったりという程度だ。1時15分に私たちは京阪三条でバスを降りた。

続きを読む 桜の古都巡り*京都観光旅行記3-6

|

« 桜の古都巡り*京都観光旅行記3-5 | トップページ | utf-8とshift_jisの文字化け »

子連れお出かけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事