« 桜の古都巡り*京都観光旅行記3-4 | トップページ | 桜の古都巡り*京都観光旅行記3-6 »

桜の古都巡り*京都観光旅行記3-5

 寂光院の石段を降りて一般道に出ると、すぐ前を若いカップルが歩いていた。
 アジア人だけど日本人ではなさそう。道路であまりにいちゃいちゃしているのでなんだかなぁと思いながら追い越した。

 さて、ランチ&日帰り温泉は大原山荘と大原の里と選択肢があって、どちらも1,200~1,500円ぐらいでおにぎりセットの食事とと入浴ができるようだ。
 入浴のみの設定が無いのは箱根の平賀敬美術館みたいな事情があるのかもしれない。
 二軒の施設のうち事前に大原山荘の方を考えていたのは地図で見て少しでも源泉に近かったからだ。
 両方とも同じ源泉を使っているようだったので、他には特にこれといって決定打になるものはなかった。

 大原山荘の玄関は駐車場の奥の奥まったところにあり、洒落た暖簾が下がっている。
 大原山荘も大原の里も一応民宿という分類のようだが、外から見た感じは隠れ家的な旅館のようにも見える。

 しかし大原山荘の入口に行って立ち寄り入浴したい旨伝えると、宿の人はちょっと困ったようにいったん奥に引っ込んで、それから出てきて「今日は日帰り入浴はやっていない」のだと言った。
 外から見た感じでは隣の足湯カフェは営業しているようだし、お湯が止まったというわけでもないだろうが、とにかくやっていないのでは仕方ない。行きに日帰り温泉のメニューを張り出してあったもう一軒の大原の里に行ってみることにしよう。

続きを読む 桜の古都巡り*京都観光旅行記3-5

|

« 桜の古都巡り*京都観光旅行記3-4 | トップページ | 桜の古都巡り*京都観光旅行記3-6 »

子連れお出かけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事