« 桜の古都巡り*京都観光旅行記2-8 | トップページ | 桜の古都巡り*京都観光旅行記2-10 »

桜の古都巡り*京都観光旅行記2-9

 もう外は真っ暗。
 四条大宮から祇園方面へ行くバスは何系統も出ている。
 しかし、バス停に近づくとちょうど乗ろうと思っていたバスが発車してしまった。
 何だかさっきの銀閣寺からの帰りを思い出す。
 またか。

 少し待つと系統は違うがやはり祇園方面へ向かう市バスがやってきた。今度こそこれに乗りたい。
 ところがひとつ前のバスがなかなか発車できずつかえているからか、祇園方面のバスはその後ろにくっついたまま、降車ドアを開けて四条大宮で降りる客を降ろし始めた。乗車用のドアは閉まったままだ。

 私は焦った。
 理由は銀閣寺前の帰りに、方面は気にせずバス停の列の後ろに並んで先へ進むのを待っていたら、並んでいる客は違うバスに乗りたかったのか列は進まず、バスは客が乗り終わったものと判断して出発してしまったのを見たからだ。
 ただ黙って正しいバス停に並んでいるだけでは、おいて行かれてしまうこともあるということを学んだからだ。
 そしてそのせいもあって1時間もバス停でイライラしながら待つという目にあってしまった。
 さっき一台目の前で逃しているし、これでまた乗れるはずのバスに乗れなかったらいい加減うんざりしてしまう。

 そこで私はバスの運転手に手を挙げてアピールした。
 このバスに乗りたい客がいるということをわかってもらおうと。

 しかしメガネをかけた若そうな運転手は無視した。バックミラーに映るように大きく手を振ったのにこちらを見ない。

続きを読む 桜の古都巡り*京都観光旅行記2-9

|

« 桜の古都巡り*京都観光旅行記2-8 | トップページ | 桜の古都巡り*京都観光旅行記2-10 »

子連れお出かけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事