« 湯宿温泉旅館みやま荘 | トップページ | 片品温泉旅館こばやし »

山田温泉大湯

 山田温泉は信州高山温泉郷の中で唯一温泉街らしい温泉街を形成しているところだ。
 泊まっている松川渓谷温泉からはちょっと下る。
 開湯200年の温泉地で、森鴎外、与謝野晶子と言った明治時代の文豪に愛された歴史がある。
 そして山田温泉にはシンボルである共同浴場大湯がある。

 朝風呂に大湯に連れていってあげると私に言ってくれていた友人がっちゃんは、私の夫と前年の9月、信州高山温泉郷に来たときに山田温泉大湯に入っていた。
 「俺の好きな熱いお湯」と、そのときの夫。
 「カランが凄くかっこいいんだよ」と、そのときのがっちゃん。
 だから私も今回大湯に行くのを楽しみにしていた。

 山田温泉の村営駐車場は坂の上の方にある。
 そこに車を置いて坂を下ればすぐに大湯だ。

 坂道の左には風景館という瀟洒な旅館。
 坂道の右には湯元館というこぢんまりとした旅館。
 そして風景館の先に大湯。
 墨色に塗られた木造の堂々とした造りで、ちょうど足湯のある公園の正面に建っている。

続きを読む 山田温泉大湯

|

« 湯宿温泉旅館みやま荘 | トップページ | 片品温泉旅館こばやし »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

温泉紹介」カテゴリの記事