« 夏休み函館紀行*母娘函館観光旅行記4-3 | トップページ | 長崎旅行記*小浜温泉湯祭りとハウステンボス1-1~3 »

夏休み函館紀行*母娘函館観光旅行記4-4

 早くから西洋に向けての港を開いたことから、函館は教会の多い街の印象がある。
 函館ハリストス正教会の向かいにはカトリック元町教会が建っている。こちらは赤い屋根の建物の向こうに西洋のおとぎ話に出てきそうな尖塔が見える。
 カトリック元町教会はやはり何度かの火災ののちに1924年(大正13年)に再建されたゴシック様式の建造物。

 函館、すごくない?
 教会、洋館は多々あるけれど、例えば旧イギリス領事館はイギリス・ヴィクトリアン様式、旧函館区公会堂はアメリカ・コロニアル様式、函館ハリストス正教会はロシア・ビザンティン様式、カトリック元町教会はフランス・ゴシック様式・・・。
 まあ正確にはヴィクトリアン様式はゴシックに含まれるようだし、ゴシック=フランスというわけではないけれども。
 当時の文化の集大成がこの街にあるみたいだね。

 函館ハリストス正教会の先にチャチャ登りという坂がある。
 ここだけは今までの基坂、日和坂、八幡坂などの大通りから直接立ち上がった坂ではなく、さらにもう一本上に上る坂(正確には大三坂の一部)の中で、唯一観光地図にもその名前が掲載されている坂だが、このチャチャ登りを登れば目的地の元町配水場まであと一息。

続きを読む 夏休み函館紀行*母娘函館観光旅行記4

|

« 夏休み函館紀行*母娘函館観光旅行記4-3 | トップページ | 長崎旅行記*小浜温泉湯祭りとハウステンボス1-1~3 »

子連れお出かけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事