« 夏休み函館紀行*母娘函館観光旅行記4-2 | トップページ | 夏休み函館紀行*母娘函館観光旅行記4-4 »

夏休み函館紀行*母娘函館観光旅行記4-3

 函館にイギリス領事館が置かれたのは1859年のこと。
 しかし最初からここ基坂にあったわけではなく、最初の領事館は称名寺に開設(アメリカ領事館も淨玄寺という寺だったな)、その後ハリストス正教会の隣に移り、何度かの火災にあったのち(火災も多いな)、1913年にここに建てられた。
 だからこれは幕末・明治の建造物ではなく、大正初期に建築されたものらしい。
 昭和の初めまで領事館として使用され、平成4年に復元工事が行われた。
 現在は開港記念館として、当時の調度品や歴史を展示する観光施設となっている。
 館内にはイギリス雑貨のショップ・クィーンズメモリーやイングリッシュティールーム・ヴィクトリアンローズも備えている。

 ユニオンジャックはためく旧領事館は、窓や扉の縁を青く塗った白壁の館で、庭に背を伸ばす松の木だけが和風に異質だ。
 入るとすぐ右手に入館料を徴収する受付があり、ティールームと雑貨ショップは左手、これらは入館料は払わずに利用できるようになっていた。

 英国雑貨のショップを軽く見てからティールームに入った。
 ティールームは思ったほど大きくは無く、ちょっとヴィクトリアン調と言うには中途半端な印象だったが、注文したアフタヌーンティーには感動した。

続きを読む 夏休み函館紀行*母娘函館観光旅行記4

|

« 夏休み函館紀行*母娘函館観光旅行記4-2 | トップページ | 夏休み函館紀行*母娘函館観光旅行記4-4 »

子連れお出かけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事