« 小田原温泉八里 | トップページ | 四万温泉・積善館の休日3-2 »

箱根温泉郷 箱根湯本温泉 平賀敬美術館

 箱根湯本駅から徒歩7分。
 どこか退廃的なムードの中に風刺の効いたおかしみが漂う作風の画家 平賀敬が晩年を過ごした館が、氏の作品を展示する美術館として箱根湯本の熊野神社近く、通りから一本入った閑静な立地にひっそりと建っている。
 箱根に美術館は多けれど、こちらは知る人ぞ知るという感じだ。
 しかも何故か美術館でありながら温泉に入れる。
 さらにこの温泉がちょっとすごい。
 どうすごいかと言うと、源泉は福住湧泉(湯本第3号源泉)を使用していて、既に湯本の第1号、第2号は枯れてしまって存在しないと言うから、平賀敬美術館の温泉は箱根湯本最古の古湯と言ってよいのだ。

 紅葉も雨にけぶる11月の午前中に平賀敬美術館を訪ねた。
 国の登録有形文化財に指定されているこちらの建物は、元々は老舗旅館 萬翠楼福住の別荘として明治時代に建てられたという瓦屋根平屋建てで、井上馨、犬養毅、近衛文麿といった著名人が滞在したこともある。
 玄関を入ると衝立の奥に左右に伸びる板張りの廊下は、晩秋の寒々とした冷気を足元から漂わせていた。

続きを読む 箱根温泉郷 箱根湯本温泉 平賀敬美術館

|

« 小田原温泉八里 | トップページ | 四万温泉・積善館の休日3-2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

温泉紹介」カテゴリの記事