« 長崎旅行記*小浜温泉湯祭りとハウステンボス3-4 | トップページ | 7月の温泉は長崎県の小浜温泉旅館國崎 »

長崎旅行記*小浜温泉湯祭りとハウステンボス3-5

 さて、TDLがファンタジーランドやウェスタンランドにエリア分けされているように、ハウステンボスも7つにエリア分けされている。
 敷地はちょうどTDLとTDSを足したぐらいとかなり広い。
 オランダらしく各々のエリアは運河で区切られ橋でつながっている。

 まず入口入ってすぐがブルーケレン。
 完成したばかりの新アクティビティ アドベンチャーパークを除けば、各種資料館やレンタサイクル・水陸両用ダックツアーなど移動用乗り物の受付、そして風車が回りチューリップが咲き乱れるオランダの田舎を再現したキンデルダイクと、静のエリアだ。

 橋を渡って次がニュースタッド。
 いわゆる遊園地っぽいアトラクションは、ほぼこのニュースタッドとニュースタッドのさらに奥にあるスリラー・ファンタジー・ミュージアムの二か所に集まっている。
 ニュースタッドは未来的な、スリラー・ファンタジー・ミュージアムはお化け屋敷的なアトラクションが中心だ。

 ニュースタッドとスリラー・ファンタジー・ミュージアムはメインストリートの左側になるが、右側にはまた別のエリアが広がっている。
 ニュースタッドの右側はアートガーデン。大きな観覧車が目印で、他に乗馬体験できる馬場や園内最大の花壇があるらしい。

 スリラー・ファンタジー・ミュージアムの右側はビネンスタッド。ある意味ここがハウステンボスの中心と言ってよいのかな。アレキサンダー広場というステージのある広場を中心に、土産物屋さんが沢山軒を連ねる。
 更に港に面した一番良い立地には、ホテルアムステルダムが建つ。

 ビネンスタッドのさらに右。アートガーデンとは陸続きになっているエリアはユトレヒト。ユトレヒトのランドマークである塔 ドムトールンはかなり遠くからでも見えるので、それを目印に進めば良い。
 ユトレヒトはまあドムトールンがほとんどになるけれど、ドムトールンの中は各種レストランになっている。

 そしてハウステンボス最奥がフリーゾーン。
 その名の通り、無料エリアとなる。
 つまり、ハウステンボスの敷地内には違いないが、入園料無しで出入りできるゾーン。
 ここには長崎空港行きの船が発着するマリンターミナルや、ホテルヨーロッパ、フォレストヴィラ、ウォーターマークホテルといった宿泊施設があり、一番奥にはパレス・ハウステンボスという宮殿が建っている。

続きを読む 長崎旅行記*小浜温泉湯祭りとハウステンボス3-5

|

« 長崎旅行記*小浜温泉湯祭りとハウステンボス3-4 | トップページ | 7月の温泉は長崎県の小浜温泉旅館國崎 »

子連れお出かけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事