« 長崎旅行記*小浜温泉湯祭りとハウステンボス2-5 | トップページ | 長崎旅行記*小浜温泉湯祭りとハウステンボス2-7 »

長崎旅行記*小浜温泉湯祭りとハウステンボス2-6

 立派な門の前に立って足元を見ると、一部がガラス張りになっていた。
 ガラス越しに見えているのは古びた石垣の一部。
 これは発掘された実際の出島の一部。

 さて、それではせっかく来たのだから、料金を払って出島に入ってみることにしよう。
 路面電車の出島電停から近い方の入り口は、「西側料金所」。
 後から判ったが、この細長い国指定史跡「出島和蘭商館跡」は東西二か所に入り口があり、西側半分が復元ゾーン(江戸時代の出島)、東側半分が交流ゾーン(明治時代の出島)となっている。
 入場料は大人500円、高校生200円、小中学生100円。出島の観光パンフレットを持参して朝の8時から10時に入場すると「あさ出島」なんてモーニング割引もあるようだった。
 観光に要する所要時間は1~2時間程度。
 まだ全容は完成しておらず、一部は発掘作業が続けられている。

続きを読む 長崎旅行記*小浜温泉湯祭りとハウステンボス2-6

|

« 長崎旅行記*小浜温泉湯祭りとハウステンボス2-5 | トップページ | 長崎旅行記*小浜温泉湯祭りとハウステンボス2-7 »

子連れお出かけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事