« がんばれ新潟*雪国のお正月2011目次 | トップページ | がんばれ新潟*雪国のお正月2011 1-2 »

がんばれ新潟*雪国のお正月2011 1-1

 この年末年始も新潟の旧松代町、現十日町市にある貸し民家みらいで過ごすことにした。
 もう何年になるだろう。
 榛名湖畔の宿が廃業して以来、みらいで過ごすお正月は我が家の定番になっている。

 どっしりとした木造の古民家。
 ほとんど開けっぱなしの戸を潜ると広く薄暗い土間があり、その奥に畳敷きや板張りの部屋がいくつもある。
 台所の隣は本物の囲炉裏で、黒々といぶされた自在鉤が天井から下がる。
 備え付けの道具は、民俗博物館に実際に展示されていてもおかしくないようなものばかりで、歩くと床はぎしぎし鳴ったりする。

 貸し民家みらいはワカイ測量がサイドビジネスとして始めたもので、社長の若井さんは他にも全国第一号の商用どぶろくを作ってみたり、納豆や味噌も商品化している。
 みらいには1号館、2号館、3号館、5号館と四つの棟があって、我が家は3号館をのぞきどれも泊ったことがあるが、中でも2号館が冬の定番となっていた。
 泊った中では一番密閉性が良いのか快適だったからだ。

 しかし今回は2号館は既に予約が埋まっていて、1号館に泊ることになっていた。
 冬の1号館に泊るのは久しぶりだ。
 すっかり記憶が薄れている。
 立派な手作りの露天風呂があることはよく覚えているが。

続きを読む がんばれ新潟*雪国のお正月2011 1-1

|

« がんばれ新潟*雪国のお正月2011目次 | トップページ | がんばれ新潟*雪国のお正月2011 1-2 »

子連れお出かけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事