« 信州高山温泉郷で夏休み1-10~11・2-1~2 | トップページ | 7月の温泉は長野県の山田温泉共同浴場大湯 »

ツイッター(twitter)ホームページ埋め込み表示

ツイッターを私のメインウェブサイト子連れ温泉ガイド地熱愛好会TOP頁に埋め込み表示してみることにした。

とりあえずツイッターに関して言うなれば、もともとこれほど自分に合わないサービスは無いと思っていた。

なんでかって?

何を書かせても人一倍文章が長くなる傾向のある私に140文字以内で何かつぶやけって・・・それ、無茶やんか~(涙)。

なんで140字?

なんで垂れ流し?

なんで読んでくれるターゲットの層も考えずゆるく発信?

・・・全然シュミじゃない。

ひたすら長い文章を書いて、しばしば読み返して推敲して、整理して、系統立てて、デザインもオリジナルで・・・という自分には、ツイッターよりブログ、ブログよりウェブサイト(いわゆるホームページ)なのだ。

古い人間なのは判ってる。

わかってるけど人間いろいろだから。

ひたすら垂れ流された、誰がつぶやいたか判らないような、否、誰がつぶやいても同じような文章が1行でずらずら流されることに興味が持てない人間がいたっていいじゃん。

その一方でツイッターが流行るのは判る。

ずいぶん前より、例えば中高生のお子さん方が出没する掲示板などでは、1行程度の誰に向けたか判らないような、その1行の背景も何も不明な、つぶやきとしか思えない書き込みが日常に垂れ流されていた。

それら書き込みは無責任で一方的でしかも早急に返事を要求する傾向があった。

まあ返事云々はおいておいて、それってつまりツイッターそのものじゃん。

それが広範囲に広がっただけ。それが今のツイッター状況かなと。

で、今書いた文章に相反するようであるが、私はずっと昔からツイッターをしているような気もする。

つまり、自分の掲示板が2002年当初から、いまどきあまり見かけない「一行レスタイプ」掲示板を愛用してきたからだ。

あれもまさにツイッター(笑)。

じゃー、ツイッターにケンカ売る必要ないじゃん。

いやいや、売ってない、売ってないって。独断で分析してみただけ(爆)。


なんか例によって前ふりが長すぎた。

何故急にツイッターをホームページに埋め込み表示させようと思ったか。

まあ、一通り流れには乗っておこうかと、そんな感じ(ゆるすぎ)。

で、最初のころに一度ツイッターを登録しようとしたのだが、当時は英語サイトしかなく恐れをなして登録画面でフリーズして、そのまま時間だけがすぎ、いまさら遅すぎという最近、ようやくまじめに登録して動かし始めた。

mixiにつぶやきが始まって、それが本家twitterと連動するようになったので、試しにもっと以前からtwitterと連動していたココログを同時に動かすことにした。

どうせウェブサイトを更新する度にココログは更新しているのだ(時々サボるが)。

一緒に動いてくれるならツイッターしてもいいかなと思った。

で、せっかくつぶやくなら、本家ウェブサイトとも連動させちゃおうと、まあそんなゆるい理由である。

現在の流れだと、ウェブサイト更新→手動でココログに更新情報を掲載→書きあげたらココログのtwitterボタンをポチッ→自動でtwitterにつぶやかれる→自動でmixiにつぶやかれる→同様に自動で子連れ温泉ガイド地熱愛好会のTOP頁でもつぶやかれる

こんな感じである。

更新履歴作る意味あるのかとか、

ブログ経由にする意味あるのかとか、

まあいろいろ気になる点はあるんだけれども、とりあえずできるだけ手間をかけずに整理整頓していきたいわけよ、後から見ても自分の履歴が判るように。

ようやく本題の続きに入るが、ツイッターのホームページ埋め込み表示方法について。

プロフィールウィジェットをカスタマイズする←ここを開いてカスタマイズして、デザインやサイズを自由に変えて、最後に「完了&コード取得」を押せば必要なコードが手に入る。

それを自分のウェブサイトなり、ブログなりに張り付ければ表示できるよ。

様子を見ながらケアンズぷらす キッザニア×キッザニアのTOP頁に張り付けることも考えてみようと思う。

問題はTOP頁のデザインなんだ。

キッザニア×キッザニアの方はスペースがあるけど、ケアンズぷらすは子連れ温泉ガイド同様デザインが完全に固まってしまっているので今更よそもののtwitterが入る隙なんて無いんだよね、本当は。

|

« 信州高山温泉郷で夏休み1-10~11・2-1~2 | トップページ | 7月の温泉は長野県の山田温泉共同浴場大湯 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事