« 富士山ふもとっぱらキャンプ場1-1~11 | トップページ | 富士山ふもとっぱらキャンプ場3-1~2 »

富士山ふもとっぱらキャンプ場2-1~11

 辛かった。
 いやもう本当に辛かった。
 こうなるとは判っていたはずだが。
 つまり、富士山の麓は半端じゃなく寒いと。
 もう寒いなんてありきたりの言葉では言い表せない。

 以前も、まだ子供もできる前、晩秋の本栖湖でキャンプして懲りたはず。
 とにかく寒いのよ、とんでもなく。夜の冷え込みがきつい。昨日は朝から晩まで晴れ渡っていたので放射冷却も起きたはず。

 新しいテントを買ったことが裏目に出た。
 家族四人で寝られるよう、今までより大きめのテントを張ったのに、結局子供たちはyuko_nekoさんちのちび姫ちゃんに誘われてトレーラーで寝てしまい、やたらとスペースの余ったすかすかのテントで大人二人。
 コールマンのシュラフに、ひざかけ代わりに車に積んであるハーフサイズの綿毛布やら薄地のフリースやら上から掛けたり隙間に詰めたり、さらに着ていたフリースのフードも首に巻きつけて、さらにシュラフの中に使い捨てカイロを持ち込んだ(これは低温火傷の危険性があるため自己責任で)。

 なのに眠れなかった。
 うとうとしたかと思うと寒さのあまり目が覚める。
 隣でシュラフのジッパーを開けたまま高いびきをかいていたパパはこの寒さもまるで気にならないよう(一応私がジッパーを閉めて上から毛布も掛けた)。
 でも私は寒がりなのよ。
 寒いの絶対ダメ。

 何度目かのうとうとから覚醒した時、もうテントの中は朝の陽ざしに包まれていた。

 ・・・全然眠った気がしない・・・。

初日 2010年5月2日(日)

 とてつもない寝不足だと思うのに、意外と頭はすっきりしていた。
 今日は昨日に比べたら雲が多い。
 十分晴れの範疇には入ると思うが、うっすらと白い水彩絵の具を刷毛で塗ったように富士山が霞んでいる。

 轟々と響き渡る音あり。
 ふもとっぱらキャンプ場の奥の方でカラフルな気球が頭をもたげている。
 昨日も早朝、気球を上げる準備をしているのを見た。
 富士山麓のふもとっぱらキャンプ場ではゴールデンウィーク企画として

続きを読む↓

1.ふもとっぱらキャンプ場のゴールデンウィーク企画とセグウェイ
2.ささやかな逆さ富士
3.ふもとっぱらキャンプ場と温泉
4.ユー・トリオ開館前
5.温泉の菖蒲湯
6.芝川竹細工の会
7.富士川はゆるやかに流れて
8.秘境の里 飛図温泉
9.卓球台がある温泉
10.飛図温泉の露天風呂
11.ふもとっぱらに戻って

|

« 富士山ふもとっぱらキャンプ場1-1~11 | トップページ | 富士山ふもとっぱらキャンプ場3-1~2 »

子連れお出かけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事