« がんばれ新潟*四万温泉と雪国古民家の旅4-1~10 | トップページ | がんばれ新潟*四万温泉と雪国古民家の旅5-1~9 »

四万温泉 御夢想の湯

 大江山の鬼、酒天童子の逸話は有名だ。京の町を荒らしまわる鬼の一味を源頼光以下、四天王と呼ばれる武者たちが、山伏に扮し退治に出かけた。四天王のメンバー構成は、渡辺綱、坂田公時、碓井貞光、卜部季武の四名。このうち碓井貞光が四万温泉発祥伝説の主人公である。

 上州と信州の境である碓氷峠の出身とも伝わる碓井貞光が、この地で仮寝の宿をとった折り、その夢枕に童子が立ち、お前の忠誠心に感じ入り、ここに四万の病に効く霊泉を授けようと教えてくれたのがこの御夢想の湯だと伝わる。
 四万の病を治す効能があると言われたことから、四万(しま)温泉と呼ばれた。

 四万温泉には温泉口、山口、新湯、ゆずりは、日向見といくつかの地区があるが、御夢想の湯のある日向見はその中でも最奥に位置している。
 日向見地区の無料駐車場に車を置いて細い坂道を登っていくと、10分も歩かないうちに群馬県内では唯一の国の重要文化財に指定されている寺院建築、日向見薬師堂に出る。

 共同浴場御夢想の湯は・・・

続きを読む 四万温泉 御夢想の湯

ようやくリニューアル後の御夢想の湯についてレポートをまとめました。

それに伴い、昔の御夢想の湯に関してはこちらの頁に移動させました→四万温泉御夢想の湯【旧施設】

|

« がんばれ新潟*四万温泉と雪国古民家の旅4-1~10 | トップページ | がんばれ新潟*四万温泉と雪国古民家の旅5-1~9 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事