« 四万たむらの休日2四万たむらの休日ふたたび2 | トップページ | 四万たむらの休日2四万たむらの休日ふたたび4 »

四万たむらの休日2四万たむらの休日ふたたび3

 その日本的でありながら高級感溢れる玄関口に車をつけると、さっと二人ほどの従業員が寄ってきてお泊まりのお客様ですか?と慇懃に尋ねてくる。
 「全国温泉友の会ですが・・・」
 このちょっと口にするのも恥ずかしい冗談のような名称は・・・本当に冗談だ。全国温泉友の会などという秘密結社は実態が無く、この四万たむらでの忘年会時に予約名称として使われている。
 「はい、承っております」
 既に幹事達がチェックイン手続きを済ませてくれたようで、私たちは下足を履き替えるためだけに四万たむらの入り口を潜った。
 そう、下足を履き替えるためだけに。
 私たちが泊まるのはゴージャス四万たむらの本館右隣に控えめに建つ花湧館。四万たむらは高級旅館で知られているが、この四万たむら花湧館はむしろリーズナブルなお宿であり、かつお風呂だけは四万たむら本館や系列の四万グランドホテルに泊まった人たちと分け隔てなく、それら全てのお風呂に入れる。
 だから大変にコストパフォーマンスが良い。
 ただひとつの問題があるとすれば、隣に建つ四万たむら本館があまりにきらびやかなので必要以上に卑屈に感じることぐらいだろうか。お風呂に行くだけなら「借りている」という気分でそれほど気にならないのだが、最初のチェックインの時にたむらのロビーに入ると雰囲気に圧倒されてしまって、その後案内される花湧館館内の慎ましい様子にショックを受ける人も多い。重ねて言うが、最初からお値段相応なのだからたむら本館と比較さえしなければ何も問題ないのだが。
 今回もチェックインは済んでいるのだからたむらのロビーに行く必要は無いと思ったのだが、「下足はこちらで」と案内されて仕方なくたむらに入った。

続きを読む 四万たむらの休日2「四万たむらの休日ふたたび」

|

« 四万たむらの休日2四万たむらの休日ふたたび2 | トップページ | 四万たむらの休日2四万たむらの休日ふたたび4 »

子連れお出かけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

更新情報」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事