« むさし野温泉 彩ゆ記 | トップページ | ハブクラゲに刺された顛末 »

相原正明写真展グレートオーストラリア2007

相原正明写真展グレートオーストラリア2007に行ってきた。

場所は南青山のHondaウェルカムプラザ青山。地下鉄青山一丁目5番出口を出て目の前だ。

展示された写真そのものは去年の10月に富士フォトサロンで開かれた写真展で使われたパノラマの一部だったが、もう一度それを間近で見られたことと、ご本人とお話しできたことが収穫。

写真展は写真そのものだけでなく、写真を展示する位置、照明、BGMなどトータルコーディネートが重要であること。

デジカメは手軽だけどどうしたって銀塩写真に敵わない。よくできたインスタントラーメンみたいなもの。本物の美味しいラーメンとは違うでしょ、というお話。

いろいろ面白い話を聞かせてもらった。

中でも、何故いつも相原さんの写真には人の姿、動物の姿が無いのかと思っていたことについて答えを聞くことができた。

相原さんの写真のコンセプトは地球そのものの創造を写すことにあるので、景色の中にカンガルーなんかが写っちゃうと、あっこの動物可愛いとかそういう方に目が行っちゃうのであえて入れないのだそうだ。

でも次回、今度は人間や街ばかり撮影したモノクロの写真展を行う予定があるそうで、こちらも楽しみ。

■相原正明写真展グレートオーストラリア情報
開催期間 2007年6月15日(もう始まってます)~6月28日(木)
開催時間 10時~18時
入場料 無料
開催場所 Hondaウェルカムプラザ青山(青山一丁目駅5番出口出たら左側目の前)の1階

■新製品フジクロームベルビア50展 高級コンパクトカメラニュークラッセ展情報
 (合同写真展で相原さんの作品も5点前後展示予定 内容はノーザンテリトリー)
開催期間 2007年6月22日(金)(明日です)~6月28日(木)
開催時間 11時~20時(最終日は14時まで)
入場料 無料
開催場所 フジフイルムスクエア2F(都営大江戸線六本木駅と直結)
上記のグレートオーストラリアと期間が重なり、しかも開催場所が都営大江戸線で一駅しか離れていないのがポイント  はしごできます

どちらも無料なので近所の人は見に行っては如何?

参考リンク 写真家・相原正明のつれづれフォトブログ

ところでデジカメ=インスタントラーメン説はなかなか耳が痛かった。

でも私はデジカメしか使えない。なぜなら「失敗写真かも」「フィルム代が」「現像代が」と思うといざというときシャッターが切れないから。

ここぞというときにシャッターが切れないことには、そもそも写真が撮れない。今の私にはやはりデジカメがお似合いということか。いつかもっと腕が上がったら、本格的な銀塩写真にチャレンジしたい。今は自分が見る旅の風景を後悔無くデジタルで切り取って残すことにする。

ついでだから、ちょうど先月のオーストラリア旅行の旅行記に画像を入れる作業を行っている途中なので、自分で気に入っているものをここで紹介しておく。

■「夜明けの光は無垢の森に」から「ウールーヌーランの森とバートルフレア山
■「ブランコと罠」から「レインボーロリキートの飛翔
■「ウールーヌーランの森と日暮れ」から「ウールーヌーランの夕暮れ
■「ユリシス幸運伝説の真実」から「ユリシス
■「私たちはミッションビーチの砂浜から星を見上げて」から「プールサイドの月

さあ私も自分のできることをがんばろう!!

|

« むさし野温泉 彩ゆ記 | トップページ | ハブクラゲに刺された顛末 »

オーストラリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39137/15509673

この記事へのトラックバック一覧です: 相原正明写真展グレートオーストラリア2007:

« むさし野温泉 彩ゆ記 | トップページ | ハブクラゲに刺された顛末 »